アマゾン輸出にコツはあるのか?

アマゾン輸出にコツはあるのかどうか考えたことはありますか?

私はアマゾン輸出にコツがあるか聞かれたら、必ずこう応えることにしています。


「アマゾン輸出にコツは存在する」と。

アマゾン輸出をやる中で、面倒な作業っていくつかありますよね。
リサーチや出品、価格改定など。

まぁほとんど全てですね。


さらに、出品数が多くなればなるほど、これらの作業量が単純に増加していくので、
負担は激増していきます><


アマゾン輸出をされている方の中には、無在庫出品している方もいらっしゃるでしょう。

無在庫出品は、2万点~3万点あたりの出品が相場なので、これらの出品作業や
価格改定作業を考えると、負担は相当なものです。


ですから、アマゾン輸出のツールとして発売されているいくつかのツールを比較して、
自分が一番使いやすいと思えるものを利用していくといいでしょう。


ツールは、月額課金と買い切り型の2種類に分かれています。

私は買いきり型を押します。
やはり、お金を支払い続けるというのは、利益が出ない月にも支払いが発生するときついものがありますよね。

買い切り型にしても、きちんとアマゾン輸出で利益が上がれば、なんの問題もありません。

ツールを使って、確実に利益を出していきましょう。

最近の買い物事情

みなさんは欲しい物があったとき、どのような手段で買い物をしていますか??

最近多いのが、近所の店で欲しい物を見つけると、
ケータイを取り出して、ネットでその商品の相場を見比べて、
結局、ネットで買う人が多いようです。

ニュースでも話題になってますね。

この風潮はよくありませんが、
なるべく安く手に入るのならネットを使いますもんね。
分かります。私もやってますから。

でも、なにを買うのもネットショッピングってのはどうなんでしょう?

私は反対です。

自分の足で店に出向き、店員と話して、物を買う。

この一連の流れって大事じゃないでしょうか?

お気に入りの店や馴染みの店を作って、
そこの店員と仲良くなって、
他の店よりも高いけど、モノがいいからって購入して、
たまにおまけをつけてもらって…

私が小さいころはまだそういう風潮ってあったんですよ。
店と購入者との信頼関係ってのが。

今は商店街にある小売店はどんどん潰れて、
すべて大型スーパーなどに統合されつつあります。

テレビなどで商店街の復興などを取り上げられていますが、
それでも現実は生き残れず、潰れていくのがほとんどでしょう。

それを嘆いてもしょうがないのですが、
私は人と人との関係を大切にしたいと思っています。

もちろん、ネットショッピングも活用しますが、
なんでもネットは良くないと思ってます。

要らないものは出品しよう!!

私はなんでももったいないといってとっておくタイプの人間でして……

結局、本当に要らないものまでとっておくものだから、
家は散らかり放題。
師走の大掃除のときに一気に捨てるんですよね。

でも、最近はネットという大きな市場がありますから、
一年前くらいからネットで要らないものは出しているんです。

最初はこんなもの、ゴミにしかならないだろうと思っていたのですが、
なんでも需要はあるものです。(もちろん売れないものもありますが……)

割といい値段で売れたものもあったので出品を使い始め、
今では、せどり業もやっています。
だんだんやっていくうちにどのようなものが売れるかが分かってきて、
せどりも安定してくるんですよ。

さらに、上の段階の人はamazonのfbaで稼ぐらしいです。
fbaとはamazonが出品に関するあらゆる効率化を図ってくれるサービスです。

fbaを活用すれば、出品一回にかかる時間が軽減するので、
さらなる利益につながるわけですね。

せどりってのはやっていくうちにどんどん物の流れってのが分かってきて、
私はとっても面白いです。いろいろ知識も入りますしね。

なにより自分が購入者側になったときに安く物を買うことができるようになりました!!